スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバター見てきました

ava.jpg

3Dの臨場感がすごい!
3Dが原因かは不明だけど死人も出た!
J.キャメロン久々の作品!

などなど、いろいろな意味でものすごい反響を呼んでいるようなので、今更ながらアバターを見てきました。

DVDで映画を見るようになってから、もう映画館に行く事はないだろうな…と思っていたのだけれど、3Dなんてそうそう家じゃ見れないだろうし(きっとそのうち見れるようになるんでしょうが)、映画館の大画面で見ておかなければ!と何年ぶりかに映画館に行ってきました。

というか通常料金¥2000…ちょっぴり高い、さすが3D恐るべし。

以下本編の感想など、ネタバレ有り

ストーリーは良くありがちなもので特になんとも思わなかったんですけど(ナウシカやもののけ姫って感じ)、映像面としてやはり2Dとは違い奥行きがあるので、空を飛ぶシーンなどは凄い臨場感に包まれます。

ただ、3時間弱と長い時間3D眼鏡をかけていなければならず、やはり多少なりとも苦痛を感じました。
わたしは若干酔ったような感じになり、中盤あたりからムカムカしてきてしまって、ついにシガニーが撃たれたあと我慢できずに一度トイレに行ってしましました。
戻ってきたら、主人公ジェイクが凄い生き物に乗っていて、その過程が見れずに涙目に;;

泣けるような映画かと言えば、「NO」でしょうけど、ナヴィ達が押し込まれて、ネイティリが絶体絶命になった時、でかい牛みたいな生き物や野犬みたいなのが人間を追い払うシーンにはジーンときました。

それから、ツーテイという新部族長がいるんですけど、彼は前部族長の娘ネイティリの許婚で、次期部族長を約束された男(言わばナヴィのエリートで、ジェイクのライバル)なんです。
しかし、物語が進むにつれてそのへたれっぷりが目立つようになり、ついにはネイティリをジェイクに寝取られ、最後は人間の雑魚キャラにやられるという始末。
その扱いに、本編の感動とは違う意味で泣けました(笑)

つい先日、タイタニックを抜いて興行収入が歴代1位になったそうです。(1/25現在1800億円らしい)
J.キャメロンの1・2ですね、すごいよキャメロン。

まだ見ていない方は、ぜひ映画館で見てくださいね。
※ただし直前に食事はしていかないほうがいいと思います><




スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。