スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僧侶のプレイスタイル

DQ10の最初の職業は僧侶でスタートしました。
マビノギの砂漠のエルフと違って、和テイストなエルフというのは新鮮です。


その僧侶ですが、DQシリーズを通して初めて「スティック」なる専用武器が登場しました。

「スティック」にスキルポイントを振ることによって

・戦闘終了後、MPが若干回復する
・スティックで殴ればMPを若干吸い取れる
・回復魔力を増やすことで回復魔法の回復量を増やせる

などという特徴があります。
実はこの「スティック」大変優れもので、レベリングの際などは前記のMP回復によって狩場に居続ける事ができます。
つまりわざわざ宿屋に戻らずに済むという事です。

わたしはサポートメンバーに「戦士・戦士・武道家」を雇っています。
これはレベリング用のメンバーですが、攻撃手段が物理的なのでMPを消費せず、宿屋に戻らないで良いことから広いマップを移動せずに済みます。


逆にスティック装備だと攻撃力は皆無なので、そちらはサポートメンバーにお任せという具合になります。

わたしは、攻撃力で戦士・武道家に劣る僧侶が、わざわざ棍や槍を持つよりも完全に回復にまわった方が効率がいいと考えています。

以前はわたしも、槍を持って闘える僧侶を目指していましたが、レベリングの効率から攻撃力は専門の職業に任せるほうがいいという結論に至りました。


また、自分がサポートメンバーに登録する際も、槍装備時とスティック装備時では、スティック装備時の方が雇われているような気がします。

わたしも転職クエを終えて前衛職もプレイして、パーティに僧侶を雇う側にもなりましたが、やはり僧侶に求めるのは回復力で攻撃力ではないので、どうしてもスティック僧侶を選んでしまいます。

なので、酒場に登録しても「雇われていなかった」「思ったより稼げていない」という僧侶の方、登録時だけでもいいのでスティックを装備してみてください。

経験値はわかりませんが、お金だけはきっと持ち帰ると思います。

※ホイミタンク問題は僧侶の永遠のテーマですが、私は「ゲームをしていないのに経験値やお金を稼ぐチャンスがある」という意味から、別にそれほど気にしていません。

不在の間にお金だけでも入れば、それで良い装備や素材を買うことができますし・・・

しかし、このあたりは個人個人で価値観が違いますので難しい問題だとは思いますが。



最後に愚痴

8/15にアップデートがありまして、その影響かわかりませんが、その夜と翌8/16の夜にログイン障害が発生しています。
ゲームができないという状況は、課金ゲームでは致命的です。
しかもソフトだけで既に7kほど支払っているのですから・・・
スクエニには、しっかりと対応して欲しいものです
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。